みずほ 銀行 ロト 購入k8 カジノ大幅なコストダウンを図って競争力を高めたセパレート型PC――VALUESTAR L仮想通貨カジノパチンコカジノ 配信

みずほ 銀行 ロト 購入k8 カジノ大幅なコストダウンを図って競争力を高めたセパレート型PC――VALUESTAR L仮想通貨カジノパチンコカジノ 配信

みずほ 銀行 ロト 購入k8 カジノ大幅なコストダウンを図って競争力を高めたセパレート型PC――VALUESTAR L仮想通貨カジノパチンコカジノ 配信

デジカメ ランキング 一眼 レフk8 カジノ フルモデルチェンジを果たしたVALUESTAR L スリムタイプデザインを一新したVALUESTAR L スリムタイプ「VALUESTAR L VL300/LG」

パチスロ 技術介入機 NECの「VALUESTAR L」シリーズは、横幅が約66ミリのスリムボディが特徴の「VALUESTAR L スリムタイプ」と、クアッドコアCPUを搭載した「VALUESTAR L スタンダードタイプ」の2ライン全3モデルで構成されている。春モデルではこれらの基本路線を引き継ぎつつ、随所でスペックをダウンさせて価格競争力の向上を行なった。発売時期は全モデルとも1月上旬の予定で、OSはWindows Vista Home Premiumとなる。

 VALUESTARシリーズの中で最小・最軽量となるVALUESTAR L スリムタイプは、CPUの強化に加え、新デザインのボディの採用とともにアーキテクチャを一新した。新しいボディは約66(幅)×343(奥行き)×352(高さ)ミリの薄型を維持しつつ(前モデルに比べ奥行きが2ミリほど増加)、電源ボタンを大型化するなどデザインにも手が加えられている。CPUは従来のPentium Dual-Core E2140(1.6GHz)からCore 2 Duo E4500(2.2GHz)に大幅にアップした。チップセットはATI Radeon Xpress 200/IXP450からNVIDIA GeForce 7100/nForce 630iになり、オンボードでHDMI端子を実装したのが見どころだ。

メモリ容量は1Gバイト(PC2-5300対応)のままだが、CPUはCore 2 Duo E4500(2.2GHz)に引き上げられた(写真=左)。チップセットにNVIDIA GeForce 7100/nForce 630iを搭載した独自形状のマザーボード(写真=中央)。PS/2接続のキーボードとUSB接続の光学式マウスが付属する(写真=右)スタビライザを取り付けると横幅は188ミリに増えるが、ボディ自体は66ミリとスリムだ。春モデルでは背面にHDMI端子を備えた(写真=左)。サイドカバーは2カ所のレバーをスライドさせるだけで取り外せる。ただし拡張スロットは用意されていない(写真=中央)。前面のデザインが変更され、銀色の縁取りが省かれた(写真=右)

 ただし付属する液晶ディスプレイは、従来と同じDVI/アナログRGB接続の17インチスクエア「F17R71」で、画面解像度も1280×1024ドット表示となる。また、HDDが秋冬モデルの容量320Gバイトから160Gバイト(7200rpm)にダウンし、USB接続のFeliCaポートが省かれるなどコストカットも見られるが、そのぶん実売価格は15万5000円前後(秋冬モデル発表時は18万円前後)にまで引き下げられている。

VALUESTAR L スリムタイプ付属する17インチスクエア液晶は従来機と共通だ(写真=左)。背面にDVIとアナログRGB端子、1ワット+1ワットのステレオスピーカーを備える(写真=右)

 一方のVALUESTAR L スタンダードタイプは、クアッドコアCPUの搭載やBlu-ray Discドライブ採用モデルを用意するなど意欲的な試みが見られた秋冬モデルから一転して、下位方向にモデルチェンジがなされた。

 具体的にはBlu-ray Discドライブや外付けGPUを備えた上位モデル(VL7xx)がなくなり、下位モデル(VL500/LG)が追加されている。全2モデルのうち、秋冬モデルの下位モデル「VL570/KG」の後継となる「VL570/LG」が上位になり、さらにエントリーモデルの「VL500/LG」が加わった格好だ。

 春モデルではメモリ容量が2Gバイトに倍増し、新たに狭額縁の液晶ディスプレイがセットになったのもポイントだが、パネルサイズと画面解像度は20インチワイド/1680×1050ドット表示から19インチワイド/1440×900ドット表示になっているので注意したい。

 これらのスペックダウンがなされた結果、実売価格はVL570/LGが23万5000円前後、VL500/LGが21万円前後と秋冬モデル発表時からそれぞれ8万5000円前後/4万円前後もダウンしている。

新デザインの19インチワイド液晶ディスプレイが付属するVALUESTAR L スタンダードタイプ。左からVL570/LG、VL500/LG

VALUESTAR Lシリーズの概要(その1)シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売VALUESTAR L スタンダードタイプVL570/LGセパレート型マイナーチェンジCore 2 Quad Q6600(2.4GHz)2048MB320GBHome Premium23万5000円前後VL500/LGセパレート型マイナーチェンジCore 2 Duo E4500(2.2GHz)2048MB320GBHome Premium21万円前後VALUESTAR L スリムタイプVL300/LGセパレート型フルモデルチェンジCore 2 Duo E4500(2.2GHz)1024MB160GBHome Premium15万5000円前後VALUESTAR Lシリーズの概要(その2)シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量VALUESTAR L スタンダードタイプVL570/LG19インチワイド1440×900Intel G332層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵-約10キロVL500/LG19インチワイド1440×900Intel G332層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵-約10キロVALUESTAR L スリムタイプVL300/LG17インチスクエア1280×1024GeForce 7100/630i2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵-約7.2キロ

関連キーワードVALUESTAR | NEC(日本電気) | CPU | Core 2 Duo | ディスプレイ | Blu-ray | クアッドコア | Core 2 Quad | HDMI | NVIDIA | ATI | FeliCa | Windows Vista仮想通貨カジノパチンコfifa クラブ ワールド カップ カタール 2020

コメントを残す

業界連盟:k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ パチンコ キュ レーション | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap